歯科医のホームページ戦略

2015 年 8 月 16 日

健康保険がない人

カテゴリー: 歯医者 — admin @ 2:50 AM

失業などを機に、健康保険をなくしてしまう人がいます。

健康保険証を無くすのではなく、健康保険自体に加入していない状態になってしまうのです。

退職後の健康保険加入手続きは、こちらのサイトが参考になります。 退職手続きと成功する転職

保険料が払えないとか、いろいろ事情はあると思います。

しかし、健康保険がない人を診察すると、全額をその人本人に請求しなければなりません。

お金がないという理由で健康保険料の支払いを止めている人が、そんな治療費を払えるでしょうか?

かなり怪しいといえます。

失業手当でもらえる金額でも、健康保険さえ生きていれば治療費を払うことはできます。

※失業手当を増やす方法もあります→ http://www.shitsugyo-hoken.com/

歯科医があれこれ言う立場ではないのかも知れませんが、失業中を理由に健康保険証を持ってこない人には、治療継続のためのアドバイスぐらいはしてもいいでしょう。

2015 年 7 月 15 日

歯医者さんに期待したいこと

カテゴリー: 歯医者 — someone @ 2:01 PM

歯科医院へ通う目的。

痛い歯を治療して欲しい、
歯周病を治して欲しい、
虫歯すべての治療をして欲しい、
歯が痛いけど原因を探ってほしい、
入れ歯を作って欲しい、

あるいは、
虫歯の有無をチェックして欲しい、
クリーニングをして欲しい、

さらには、
ホワイトニングをして欲しい、
他の歯科医院では納得出来ないから途中だけど、そこで治療可能なのか?

などのことだと思います。

それに対し希望通りにやってくれれば患者さんはそれで満足しますが、
中には、トータル的なことを考えて、最終的にはどうしたい
という希望を持っている方もいます。

ホームページで診療内容をお伝えするのなら、
最終的な目標を持った方のページを作ってみてはいかがでしょう?

口腔内を完璧にしたい方の治療例を紹介する、
虫歯治療から歯列矯正をされた方の例、
ホワイトニングをされて方の義歯の再治療の例などなど、
患者さんが期待したいことに対し、
答えとなるページを作ってみるのです。

2015 年 5 月 23 日

長く集客できるサイトを作る

カテゴリー: W3C準拠 — someone @ 6:41 PM

正しい言語で作られたサイトは強いと言われますし、
生き残るためには正しい言語で作るようにするのです。

間違えた言語で作られたサイトが長く残ったとしても
検索エンジンがどうとるか?
ということですが、検索エンジンに嫌われるようなサイトだと
いつの間にか検索しても拾ってもらえなくなってしまうのです。

検索エンジンが好むサイトの条件としては
中身の良いサイトです。
これはネットユーザーたちのためにそうなっています。
良いサイトを多く残そうということにつながっています。

で、なぜ、正しい言語が関係してくるのかというと、
検索エンジンはそのサイトの評価もしてくれています。
その証拠となるのがページランクというものです。

中身が良い、正しい言語で作られいるというのが
長く集客し続けられるサイトになるというわけです。

ライバルサイトよりも長く残ることができれば
あなたが稼げるようになるということにもつながります。

2015 年 3 月 18 日

キーワード選びに困らないで

カテゴリー: キーワード — someone @ 5:59 PM

キーワードにこだわったSEO対策はナンセンスです。

同じ言葉を何度も使うべきではないという点で
ナンセンスと言っていますが、

歯医者さんのホームページなら、患者さんとなりうる方が
どのような言葉で検索をするか考えるということになります。

ほら、キーワード選びのことを言っているではないか

なんて思わないでください。
例えば、歯が痛い、予約外でも受け付けてくれるか、
休日診療はやっている?
ということでは、困ることもありませんし、
患者さんとなりうる方が検索ボックスに入れそうな言葉となります。

駐車場はある?
交通は便利?
と言った部分でも検索する可能性がありますので
困ることはありませんよね?

自然と出てくる言葉を選んで適切に文章の中に入れていく。
ということだけでいいのです。

意識したキーワードの羅列をすれば、
検索エンジンからも嫌われてしまいます。

意識せずに、ネットユーザーたちが入れそうな言葉を入れて文章を作っていくのです。

2015 年 1 月 23 日

治療事例と患者さんの声

カテゴリー: デザイン, ホームページ — someone @ 1:26 PM

SEO対策にもなり、ネットユーザーたちの参考にもなるものが
治療事例や患者さんの声だと思います。

これらは定期的に更新できることですので
サイトが生きている証となりますし、更新することによってアクセスが増え、
記事数が多くなるぶんキーワードも増えますので、
集客にもつながっていくのです。

歯医者さんのホームページというと、
作って終わり。
治療内容を紹介する、院長紹介、○▲歯科医院について
などのメニューを設けたら終わり。

確かにそれで成り立ちはしますが、ページ数としては明らかに少なく、
キーワードも限られたものとなるため、また更新もしないことから
集客することはできません。

建物があり、歯科医院を紹介した
にすぎないホームページとなってしまうのです。

治療事例では検索してきてくれる方の参考となります。
また、患者さんの声は口コミとなりますので、
安心の目安ともなるものなのです。

2014 年 12 月 31 日

行きたくなる歯医者さんを目指す

カテゴリー: 歯医者 — someone @ 10:07 AM

できれば行きたくないのが歯医者さん。

というのは昔のことかもしれません。
今は、保険が効かなくても通っている方が多いほど
日本人の歯への意識は高くなっています。

しかし、一般の治療だとなかなか行かないのが本当のところです。
歯痛があってもしばらくして痛みがなくなった。
そしたらまた、歯医者さんのことは忘れてしまっています。
虫歯は進行していくだけなのに、、、

歯科医院のホームページを作るなら、
検索した段階で、行きたくなるように作ってみましょう。
それには少し怖い話もいいかもしれません。
虫歯が与える影響についてという意味での怖い話ということです。
それがわかれば、歯痛を感じた段階ですぐに歯医者さんへ行くかもしれません。

歯は抜けても差し支えない場所だと
人はあまり真剣に考えないものです。
歯が抜けることで起こりうる悪影響や抜かない前に治療をする必要性、
虫歯菌や歯周病菌が体に与える影響などもホームページでお知らせしていくようにするのです。

2014 年 10 月 22 日

情報提供は良いことではあるのですが・・・

カテゴリー: ホームページ — someone @ 1:10 PM

たまたま目にしたホームページ。

そのホームページは歯科医院のものでした。

情報を得たいために行き着いたのですが、
あまりにも専門的なことが書かれてあり、
私がほしい情報以外のページもそのようなものとなっていました。

ほしい情報を得るために一生懸命読むのですが、
難しすぎる、文章が長く続きすぎているためにかなり読みづらい。
ということでそこから情報を得るのはやめてしまったのです。

その歯科医院で治療を受けてみたい。
という気持ちにさせられるような内容も書かれてありましたが、
やっぱり読むことは出来ずにそのページを閉じてしまったのです。

情報提供はとても良いことです。

でもそれを読むのは歯や歯茎に悩みを持っている一般の方々です。
素人でも分かり易いに越したことはありません。
ライバルに負けてならないという気持ちがあったのかもしれませんが、
難しすぎる内容だと足が向きにくくなることもまた事実です。
治療内容に関心を持っても、読みづらいと途中で諦めてしまうのです。

2014 年 9 月 29 日

正しい言語で作られていること

カテゴリー: ホームページ, W3C準拠 — someone @ 3:14 PM

ホームページの評価基準では、内容が適切であるか、
充実しているかということ以外では、「正しい言語で作られていること」というのがあります。

そのため、素人が作ったものだと評価が落ちてしまうこともあります。
正しい言語で作られていないためにそうなっているとしたら
とても残念なことです。

使いやすい、内容的にも充実している、
ためになるサイトである、行きたくなる歯医者さんのホームページである。
としてもです。

最終的な判断は正しい言語で作られていることです。
ページランクを上げる場合でも同じです。

ページランクの高いサイトは検索エンジンも評価しているという証であり、
安心して閲覧できるサイトと読んでもいいのです。

正しい言語で作るにはホームページ制作業者にお任せすることです。
多少の知識があるという方でも、正しくない言語を使ってしまう可能性がありますので、
サイト制作費用をケチらないということが重要でしょう。
なおかつ、集客もできる業者が良いと言えます。

2014 年 8 月 16 日

歯医者さん検索のキーワードを考える

カテゴリー: キーワード — someone @ 1:10 PM

歯医者さん探しだってネットで行っている方が多い現在、
そこから新規の患者さんに来てもらうには
キーワードについて考えて記事を作成してみましょう。

歯痛が耐えられない場合、予約外でも受け入れてくれるか
ということもあります。
緊急、痛み、ひどい、待たない、予約外、という言葉のほか、
その方が探している地域名というものがありますよね?

予約のみで緊急で見てくれないとなると、
その歯科医院へ行くことはありませんので、
蒸気に示したような診療内容ならぜひキーワードとして入れてみてください。

健康保険を使った治療を希望している方は、以下の様なキーワードで検索する可能性がありますので、
自由診療ない、保険外、保険適用、保険適応、治療といったもののほか、
もちろん地名や駅、バス停などのキーワードも入れましょう。

ホワイトニングや歯列矯正、インプラントなら自由診療であることが分かる方が多くなりましたので、
それ以外の目的の方に無駄足をさせないよう、
健康保険使えない、虫歯治療しない、歯周病治療しない
といったキーワードを入れてみましょう。

2014 年 8 月 7 日

お勧めホームページ 転職履歴書の書き方

カテゴリー: 未分類 — admin @ 10:51 PM

転職履歴書の書き方

文字通り、転職にあたっての履歴書の書き方情報を提供しているホームページです。

転職では、まず応募書類にあたる履歴書や職務経歴書を企業に送るのがスタートで、かつ最初のふるい落としとなります。

この第一段階を突破しなければ面接にすら呼ばれません。

特に、今はひとつの求人に多くの応募者が集まるようになっており、書類選考で落ちてしまう人が増えています。

書類選考で評価される履歴書や職務経歴書をどのように仕上げるか、は転職活動を成功させるために第一に必要なものです。

このサイトでは、その履歴書や職務経歴書の書き方を一項目一記事で解説してくれています。

利用は無料です。

より新しい投稿 »

Powered by WordPress