歯科医のホームページ戦略

2014 年 9 月 29 日

正しい言語で作られていること

カテゴリー: ホームページ, W3C準拠 — someone @ 3:14 PM

ホームページの評価基準では、内容が適切であるか、
充実しているかということ以外では、「正しい言語で作られていること」というのがあります。

そのため、素人が作ったものだと評価が落ちてしまうこともあります。
正しい言語で作られていないためにそうなっているとしたら
とても残念なことです。

使いやすい、内容的にも充実している、
ためになるサイトである、行きたくなる歯医者さんのホームページである。
としてもです。

最終的な判断は正しい言語で作られていることです。
ページランクを上げる場合でも同じです。

ページランクの高いサイトは検索エンジンも評価しているという証であり、
安心して閲覧できるサイトと読んでもいいのです。

正しい言語で作るにはホームページ制作業者にお任せすることです。
多少の知識があるという方でも、正しくない言語を使ってしまう可能性がありますので、
サイト制作費用をケチらないということが重要でしょう。
なおかつ、集客もできる業者が良いと言えます。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

Powered by WordPress