歯科医のホームページ戦略

2015 年 8 月 16 日

健康保険がない人

カテゴリー: 歯医者 — admin @ 2:50 AM

失業などを機に、健康保険をなくしてしまう人がいます。

健康保険証を無くすのではなく、健康保険自体に加入していない状態になってしまうのです。

退職後の健康保険加入手続きは、こちらのサイトが参考になります。 退職手続きと成功する転職

保険料が払えないとか、いろいろ事情はあると思います。

しかし、健康保険がない人を診察すると、全額をその人本人に請求しなければなりません。

お金がないという理由で健康保険料の支払いを止めている人が、そんな治療費を払えるでしょうか?

かなり怪しいといえます。

失業手当でもらえる金額でも、健康保険さえ生きていれば治療費を払うことはできます。

※失業手当を増やす方法もあります→ http://www.shitsugyo-hoken.com/

歯科医があれこれ言う立場ではないのかも知れませんが、失業中を理由に健康保険証を持ってこない人には、治療継続のためのアドバイスぐらいはしてもいいでしょう。

2015 年 7 月 15 日

歯医者さんに期待したいこと

カテゴリー: 歯医者 — someone @ 2:01 PM

歯科医院へ通う目的。

痛い歯を治療して欲しい、
歯周病を治して欲しい、
虫歯すべての治療をして欲しい、
歯が痛いけど原因を探ってほしい、
入れ歯を作って欲しい、

あるいは、
虫歯の有無をチェックして欲しい、
クリーニングをして欲しい、

さらには、
ホワイトニングをして欲しい、
他の歯科医院では納得出来ないから途中だけど、そこで治療可能なのか?

などのことだと思います。

それに対し希望通りにやってくれれば患者さんはそれで満足しますが、
中には、トータル的なことを考えて、最終的にはどうしたい
という希望を持っている方もいます。

ホームページで診療内容をお伝えするのなら、
最終的な目標を持った方のページを作ってみてはいかがでしょう?

口腔内を完璧にしたい方の治療例を紹介する、
虫歯治療から歯列矯正をされた方の例、
ホワイトニングをされて方の義歯の再治療の例などなど、
患者さんが期待したいことに対し、
答えとなるページを作ってみるのです。

2014 年 12 月 31 日

行きたくなる歯医者さんを目指す

カテゴリー: 歯医者 — someone @ 10:07 AM

できれば行きたくないのが歯医者さん。

というのは昔のことかもしれません。
今は、保険が効かなくても通っている方が多いほど
日本人の歯への意識は高くなっています。

しかし、一般の治療だとなかなか行かないのが本当のところです。
歯痛があってもしばらくして痛みがなくなった。
そしたらまた、歯医者さんのことは忘れてしまっています。
虫歯は進行していくだけなのに、、、

歯科医院のホームページを作るなら、
検索した段階で、行きたくなるように作ってみましょう。
それには少し怖い話もいいかもしれません。
虫歯が与える影響についてという意味での怖い話ということです。
それがわかれば、歯痛を感じた段階ですぐに歯医者さんへ行くかもしれません。

歯は抜けても差し支えない場所だと
人はあまり真剣に考えないものです。
歯が抜けることで起こりうる悪影響や抜かない前に治療をする必要性、
虫歯菌や歯周病菌が体に与える影響などもホームページでお知らせしていくようにするのです。

2014 年 6 月 30 日

歯ブラシを販売してみる?

カテゴリー: 歯医者 — someone @ 10:39 AM

歯医者さんがおすすめする歯ブラシは人気です。

私も一時期、通院してた歯科医院で定期的に歯ブラシを買いに行ったものですが、もし可能なら、ホームページでそれの販売をしてみてはいかがでしょう?もちろん、可能ならばということが前提ですが、他所では手に入りにくい、または手に入らないというものであれば買われる方はいらっしゃると思います。歯ブラシ以外にはフッ素入り歯磨き粉を置くのです。歯科医院では患者さん専用として歯ブラシと歯間ブラシを置いてくれることもありますが、その歯間ブラシだってなかなか手に入れることができません。

販売が可能かどうか、ホームページ制作会社に聞いてみてください。手に入れた歯ブラシが気に入りリピーターとなる方の中には、治療をしてもらいたいと実際に訪れる方もいるかもしれません。あるいはその歯ブラシを手に入れるため、通える距離の方は直接買いに来るようになるのです。

歯医者さんがおすすめする歯ブラシが人気の理由は、専門家がおすすめしているというところにあります。

2014 年 1 月 9 日

職業訓練あがりの歯科助手は使えるのか

カテゴリー: 歯医者 — admin @ 6:27 AM

国が実施している、無料で技能を学べる職業訓練。

意外かも知れませんが、この職業訓練の中に、歯科助手になるための知識が学べるコースがあります。

※職業訓練について、詳しくは職業訓練.jp http://xn--q6vw15bczbg0p.jp/ で。

しかし、歯科助手は特に資格がなくてもできる職業です。

このあたりは、資格が必須となる歯科衛生士とは違います。

こういった職業訓練から入った歯科助手は果たして使えるのでしょうか?

私は使えると考えています。

能力の問題ではなく、歯科助手という仕事のためにわざわざ職業訓練に通うという行動が評価できるのです。

職業訓練の授業は初歩的過ぎるだとか実務では役に立たないだとかいろいろ言われますが、そこに集まる受講生の、学ぼうとする姿勢は評価できると思います。

2014 年 1 月 3 日

常に付き合っていく場所

カテゴリー: ホームページ, 歯医者 — someone @ 7:47 PM

歯科医院は人が行きている間何度かお世話になります。

どんなに健康で病気ひとつしない方でも
虫歯になった経験はあるでしょうし、
歯が痛くなった時にはかならず訪れるものです。

づっとお付き合いしていくところと言ってもいいですが、
民間療法で病気が克服出来ても
虫歯などはいかんせん、素人ではどうにもなりません。

ずっと通いたくなる歯科医院。

ホームページでそれがアピールでき、
その通りだと評価されれば、常に患者さんの予約で埋まることでしょう。

中には閑古鳥が泣いてる医院もありますが
なぜなのかを考えてみたいもの。

ホームページでいくら宣伝しても患者さんが続かないのだとしたら
理由を考え、改善点をホームページで知らせてみるのもいいことです。

訪問治療をはじめました。
でもいいですね?

待合室が綺麗になり広くなりました。
ゆったりお待ちいただけます。
でもいいと思いませんか?

または、ホワイトニングはじめました。
でもいいでしょう。

改善点がアピールできるのはホームページです。

2013 年 10 月 14 日

診療しないことについては書かないほうが良い

カテゴリー: キーワード, ホームページ, 歯医者, SEO対策 — admin @ 10:43 AM

SEO対策にもなるからと
診療をしていないことについて書くべきではありません。

混乱を招くからです。

もし、情報提供ということで書くのなら
当院ではその治療はしていません。
と分かりやすく表示をすることです。

でももったいないですよね?
集客出来てもその治療を希望する方は訪れてくれないのですから。

ただ、治療で関連のあるものなら掲載してもOKだと思います。
例えば、歯列矯正やホワイトニングをするなら
虫歯や歯周病はきちんと治さなければなりません。
ということなど。

2013 年 9 月 13 日

ずっと通ってもらうために

カテゴリー: ホームページ, 歯医者 — admin @ 3:47 PM

一度通院してもらったら、
できればずっと通ってほしいことでしょう。

歯と歯茎の健康のためには
治療が終えても定期的に通ったほうが良い。

これは患者さんだってわかっていることです。

ホームページでそれを伝えていくのもいいですが、
メールマガジンやニュースレターとして
検診なども忘れずに来てもらえるように情報を提供していきましょう。

ネットでの戦略はホームページだけではありません。
せっかくホームページがあるのでしたら
ニュースレターやメールマガジンも作って配信するようにしてください。

2013 年 7 月 12 日

歯医者さんでやってもらいたこと

カテゴリー: 歯医者 — admin @ 8:53 AM

一般の歯科医院ならやってもらいたいのは、痛みをなくしてくれることかもしれません。

歯周病ならこれ以上進行しないようにとか、
口臭のひどさを無くしたいということかもしれません。

でも歯科医院は虫歯や歯周病治療だけをするところだけでは有りません。

歯を白くしたい方はホワイトニングにかかる費用も気になり
ネット検索をして料金を調べます。
どれくらい通うのかも気になることでしょう。

歯並びを治して貰いたい方にとっては、
かなりお金が必要だとわかっていても
今やるタイミングなのかというのも気になるでしょうね。
その点では期間と通院の回数まで気になってしまうでしょう。

何をやってもらいたいかで検索ワードが異なってきます。

2013 年 6 月 16 日

歯を抜かない治療を紹介

カテゴリー: 歯医者 — admin @ 12:47 AM

歯はできるだけ残しておきたいもので、
ひどい虫歯や歯周病の方だと
歯を失うことを恐れているかもしれません。

具体的な治療法を紹介すると共に、
歯を抜かなくても済む治療法を幾つか紹介するのも良いと思います。

あまりにも状態がひどいと抜歯せざるを得ませんが、
可能な限り残しておく治療があるなら紹介したいものです。

多少お値段がかかっても、インプラント治療よりも安いとあれば
それを選択する方もいるかもしれません。

より新しい投稿 »

Powered by WordPress