歯科医のホームページ戦略

2015 年 5 月 23 日

長く集客できるサイトを作る

カテゴリー: W3C準拠 — someone @ 6:41 PM

正しい言語で作られたサイトは強いと言われますし、
生き残るためには正しい言語で作るようにするのです。

間違えた言語で作られたサイトが長く残ったとしても
検索エンジンがどうとるか?
ということですが、検索エンジンに嫌われるようなサイトだと
いつの間にか検索しても拾ってもらえなくなってしまうのです。

検索エンジンが好むサイトの条件としては
中身の良いサイトです。
これはネットユーザーたちのためにそうなっています。
良いサイトを多く残そうということにつながっています。

で、なぜ、正しい言語が関係してくるのかというと、
検索エンジンはそのサイトの評価もしてくれています。
その証拠となるのがページランクというものです。

中身が良い、正しい言語で作られいるというのが
長く集客し続けられるサイトになるというわけです。

ライバルサイトよりも長く残ることができれば
あなたが稼げるようになるということにもつながります。

2014 年 9 月 29 日

正しい言語で作られていること

カテゴリー: ホームページ, W3C準拠 — someone @ 3:14 PM

ホームページの評価基準では、内容が適切であるか、
充実しているかということ以外では、「正しい言語で作られていること」というのがあります。

そのため、素人が作ったものだと評価が落ちてしまうこともあります。
正しい言語で作られていないためにそうなっているとしたら
とても残念なことです。

使いやすい、内容的にも充実している、
ためになるサイトである、行きたくなる歯医者さんのホームページである。
としてもです。

最終的な判断は正しい言語で作られていることです。
ページランクを上げる場合でも同じです。

ページランクの高いサイトは検索エンジンも評価しているという証であり、
安心して閲覧できるサイトと読んでもいいのです。

正しい言語で作るにはホームページ制作業者にお任せすることです。
多少の知識があるという方でも、正しくない言語を使ってしまう可能性がありますので、
サイト制作費用をケチらないということが重要でしょう。
なおかつ、集客もできる業者が良いと言えます。

2009 年 11 月 1 日

W3C準拠のホームページは

カテゴリー: キーワード, W3C準拠 — admin @ 2:21 PM

W3Cに準拠したホームページは、
無駄のない文法で書かれているため
検索ロボットが読みやすいサイトとなります。

検索ロボットが読みやすいサイトになることにより、
SEO対策に効果が出ます。

本来の意味と逸れた使用や、ソースの複雑化を避ける事ができ、
SEO対策やアクセシビリティの向上、メンテナンス性の向上が
可能になるのです。

2009 年 9 月 1 日

W3C準拠とは

カテゴリー: W3C準拠 — admin @ 2:14 PM

SEO対策をしていると、
W3C準拠という文言を見た事があるかと思います。

このW3C準拠って、どういうことかご存じでしょうか?

W3Cとは、正式名称「World Wide Web Consortium」といい、
この頭文字をとってW3Cと呼ばれています。

これは、インターネット上で用いられる技術の
標準化を目的とする非営利団体です。

インターネットで利用される技術の標準化をすすめる団体であり、
1994年10月に発足しました。

このW3Cか勧告する文法仕様に基づいたホームページは、
より多くの環境からの閲覧が可能となります。

Powered by WordPress